メンズリゼ、痛くないメディオスターでヒゲ脱毛は出来る?その相性は?本当に効果があるのはヤグレーザー!


ひげ5.jpg


「ヒゲ脱毛したいけど、とても痛いんだよね」


「痛くない脱毛機械で対処して欲しい」


「我慢出来る範囲内の痛みかな」



そう心配しておられる方も多いと思います。


最新の脱毛機械「メディオスターNext PRO」というのがあって、どうやらこれが他の機械よりも痛みがましと聞いた!



メンズリゼではその機械を使って、ヒゲ脱毛をしてもらえるのでしょうか?



このメディオスター、ヒゲ脱毛には使用されていません。



痛みが少ないと聞くし、それでヒゲ脱毛をしてもらいたかったのに、どうして使用されていないのでしょう?



残念ながら、ヒゲ脱毛に向いておらず、あまり効果が出ないからです。



髭脱毛について質問です。

かなり髭が濃くて医療脱毛をしました。

メディオスターとかいう機械でしました。

しかし一時的に抜けるもののしばらくしたら生えてきて一年経ちましたが効果はほとんどありませんでした。

レーザー照射回数は7回です。

15万円無駄使いでした。

(ヤフー知恵袋より引用)



確かに他の脱毛機械に比べて、痛みはマシです。


しかしそれは先ず効果があっての話。


痛くはないけど効果もない、それではちょっと何のために脱毛するのか分かりません。








なぜ効果がないの?

ではなぜヒゲ脱毛にはあまり効果がないのでしょうか?


これまでの多くの脱毛機械は、毛根の毛母細胞を攻撃し、脱毛効果を得ていました。


しかしこの「メディオスターNext PRO」はバルジ領域を狙って攻撃するのです。


よく分かりません(^-^;


バルジ領域.jpg

バルジ領域は、毛母細胞より浅い皮膚側に存在しています。


「バルジ領域」から毛母細胞に、発毛の指令を出していることが、研究により分かっています。



直接毛母細胞を破壊するのではなく、そこに発毛の指示を与える司令塔を破壊するのです。




ヒゲって抜いたりすると意外に長くないですか?


あごや鼻下のヒゲって、毛根が深い場所にあるのです。



メディオスターの波長が短く、深くまで届かないことが、ヒゲ脱毛であまり効果が出ない理由なのです。



じゃあどうしたらいいの?


ご安心ください。


メンズリゼには、ヒゲ脱毛に相性のいい機械がありますから!(^^)!




YAG、その効果は?

ヒゲ脱毛に相性のいいレーザーの種類がヤグレーザー。


その機械の名前を、ジェントルヤグと言います。


メディオスター2.png

効果が抜群で、ヒゲ脱毛に最も適していると言われています。


これは他の医療機械よりも波長が長く、つまり皮膚の奥深くまでレーザーが届くので、あごや鼻下のヒゲなど毛根が深くにあっても脱毛することが出来るのです。


濃くて太いヒゲにも効果を発揮します。


奥深くにある濃く太いヒゲを脱毛して効果を得るには、それだけの威力が必要になります。


つまりそれは痛みとして跳ね返ります。



最初は痛いですよ。



痛いですけど、その分しっかり根こそぎの効果が得られます。


時間は10分程度ですし、痛みがあるのは、脱毛すべきヒゲがあるから。


照射を重ねてヒゲが徐々に少なくなっていくと、痛みもどんどん減っていきます。


痛みがどうしても苦手という方には、塗るタイプと吸うタイプの麻酔があるのでお勧めです。


一度照射をしてもらうと、1~2週間でほとんどのヒゲが抜け落ちて効果が実感出来ます。


6~8週間すると、毛周期の関係で休んでいたヒゲがまた生えてくるのですが、照射を繰り返していくと、徐々にヒゲが薄くなっていき効果を実感出来るので楽しくなります。






期間や回数の目安は?

ではヤグレーザーでヒゲ脱毛をすると、どれだけの期間で脱毛が完了するのでしょうか?


痛いのは嫌だから、なるべく早い効果を期待したくなります。


もちろん元々の毛量や毛の濃さにもよりますし、どれだけのヒゲの量まで減らしたいかにもよりますが、回数としてはだいたい5~6回で半分程度には落ち着きます。


ツルツルがご希望の場合は、だいたい10回~13回が目安です。



やみくもに回数だけ照射をすればいいというものではありません。


毛周期に合わせて、成長期にある毛をやっつけます。


一度照射した後、また別の毛が成長期となって出てくるのがだいたい6~8週間と言われています。


つまり照射の間隔をだいたい2ヶ月とすると、5回コース終了は約1年。


ツルツルを目指すなら、2年半前後を掛けていくことになります。




メリットとデメリットは?

メリットは黒い色素に反応しにくいので、肌の色に影響されにくいです。


レーザー照射と同時に冷却ガスで肌の温度を下げるので、感覚を瞬間的に麻痺させ、火傷のリスクも軽減してくれます。


ジェントルヤグは照射時にジェルを塗る必要がないので、不快感や塗ったり拭き取ったりする時間もかからず、短時間で終了することが出来ます。



それに対してデメリットは、やはり痛み。

これに尽きます。

輪ゴムでパチンとか言いますが、あれは嘘です。


あんなものではなかったです。ムチで叩かれるような痛みが、コインの大きさくらいで押し寄せます。


痛かったです。


でも時間は長くなかったし、

途中休憩をはさむか声を掛けてくれたり、

今から行きますよ~みたいに声掛けをしてくれたので、

心の準備も出来たし我慢出来ないことはなかったです。




まとめ

いかがでしたでしょうか?


痛いと聞くヒゲ脱毛を、痛くないと聞く最新の脱毛機械で「メディオスターNext PRO」でやってみたい。


しかしメンズリゼでは、このメディオスターをヒゲ脱毛には使用していない。


何故なら、レーザーの波長と攻撃のターゲットが違うので、ヒゲ脱毛には効果が出にくいから。


メンズリゼではヒゲ脱毛にヤグレーザーを使用していて、このジェントルヤグがヒゲ脱毛には最適。



などのお話を中心に見てきました。


一回の照射ではなくなりませんが、回数を重ねるごとにだんだんと、そして明らかにヒゲが薄くなってくるので、とても嬉しくなります。


痛みはありますが、少しの時間我慢をすれば、毎朝のヒゲ剃りや夕方には生えてくるあのヒゲから解放されます。


ヒゲ脱毛には時間が掛かります。


悩んでいるだけでは何も変わりませんので、一度医師による無料カウンセリングを受けられることをお勧めします。


▼ 今すぐクリック! ▼


↑無料カウンセリング予約はこちら↑