メンズリゼでヒゲ脱毛。ヤグレーザーはどれくらい痛いの?麻酔が無くても我慢できる?麻酔の効果はどんなもの?


痛み7.jpg


「ヒゲ脱毛したいけど、痛いのは嫌だ」


「めちゃくちゃ痛いって聞くけど、実際はどの程度?」


「麻酔を使った方がいいレベル?」


「麻酔の効果はどの程度なの?」



ヒゲ脱毛したいのに、痛みの不安が大きいという方は多いと思います。



麻酔を使用するかどうか、迷っている方も多いのではないでしょうか?



結論から先に申し上げますと、ヒゲ脱毛は噂通りやっぱり痛いです。



でも麻酔をしなくても、ヒゲ脱毛の痛みに耐えられます。



大丈夫です!(^^)!



しかし痛みはやはり強いので、不安な方は麻酔の使用をお勧めします。



多少痛みは軽減され、精神的に楽になるのは間違いありません。



ここからは、


☑ヒゲ脱毛がどの程度の痛みなのか?


☑麻酔の効果はどの程度なのか?


などを見ていきます。



是非今後ヒゲ脱毛される際の、麻酔を使用するかどうかの判断材料にしてみてください。











1.なぜヒゲ脱毛は痛いの?

そもそもヒゲ脱毛は、なぜ痛いのでしょうか?



それは、


☑皮膚が薄い


☑毛が太く濃い


☑毛根が奥深い


からです。



この整った条件が、ヒゲ脱毛を痛いものにしているのです。



メンズリゼのヒゲ脱毛では、ヤグレーザー(ジェントルヤグ)が主として使われています。



このヤグレーザーは波長が長いので、奥深い毛根を破壊するのにとても適しています。



奥深くの毛母細胞を破壊して、毛が生えてこないようにします。



毛が黒くて濃いほど脱毛効果が高いので、ヒゲはまさに脱毛相手としてはうってつけの存在です。



しかし奥深くの毛母細胞を破壊するということは、それを可能にするだけの強力な威力が必要です。



ということは、もう皆さんお分かりだと思いますけど、それだけ痛みが強くなるのです。



逆に言えば、痛みが強い反面、しっかりした効果が見込めることを意味しています。





2.ヤグレーザーの痛みとは?

先ほどもお伝えした通り、メンズリゼではヒゲ脱毛にジェントルヤグという脱毛機械を使用しています。



この脱毛機械は奥深くにある毛母細胞を根こそぎ破壊する力を持っているので、つまりその力強さ分だけ、痛みとして跳ね返ってくるわけです。



では具体的な表現としては、どの程度の痛みなのでしょうか。



めちゃめちゃ痛いです!


全然具体的じゃなかったですね( ;∀;)



管理人の感想としては、ペットボトルのキャップ程度の範囲を、思いっきりビンタされる感じ。



それが少しずつ移動して押し寄せてくる感じでした。



知り合いなんかは、剣山を刺され続ける感じ、と表現していました。



輪ゴムで思い切りパチン、なんて言い方をよく聞きますけど、あんなのウソですよ(;´∀`)



痛いのは痛いのです。



でもスタッフさんが休憩入れましょうかと話掛けてくれたり、照射前に行きますよって声を掛けてくれたので、決して我慢出来ないものではなかったです。



気が紛れたり、心の準備が出来たりして、何とか乗り切れました。



きっとあなたも大丈夫です!









3.麻酔の効果は?

どうしても痛みが不安という方もおられるので、麻酔について少し説明をしておきます。



メンズリゼには2種類の麻酔が用意されていて、塗るタイプと吸うタイプの麻酔です。



どちらも1回3,240円で、次回の予約を取る時に、麻酔を使用したいと伝えておきます。



予約日に来院した時に、受付で料金を支払う流れになります。





3-1.塗るクリームタイプの麻酔
いきなりこんな話をしてしまっては身も蓋もないですが、麻酔のクリームを塗っても、それでも痛いものは痛いです!



1本3,240円の麻酔のクリームを使用しても、そんなに痛いのだったら、もう次からは麻酔は使用しないという声も多いです。



それに麻酔を使用する影響として、肌が炎症を起こして赤みがかってしまうことがあります。



そうなると照射時間までにその赤みが引かない時には、その日は照射をしてもらえません。



別途費用を払って麻酔を使用するのに、痛みは完全に無くならない上に、脱毛を出来ない可能性も出てくる訳です。





3-2.吸うガスタイプの麻酔
吸うことでボーッとしたような酔った感じになって、痛みの感覚を鈍くしてくれる、そんなガスの麻酔です。



麻酔の吸入量はもちろん医師が調節します。



この麻酔の効果に関しては、個人差が大きいです。



この笑気麻酔について更に調べてみると、ツイッターに多くの投稿がありました。



こちらもクリームタイプと同様に、結局「痛いものは痛い」。



そのような内容が多かったです。





4.麻酔は要る?要らない?

ヒゲ脱毛の痛みは、麻酔をして多少マシになっているとは言え、痛いものは痛いです。



あんまり痛みを感じなくなるのであれば、麻酔料金を支払う価値はあると思います。



しかし麻酔をして程度の差こそあれ、それでも痛さを感じます((+_+))



その痛みは我慢できない程のものかと言われれば、決してそんなことはありません。



先ほど少し話もしましたが、看護師さんは声掛けをしてくれたり、ちゃんと気にしながら照射をしてくれますので、10分程度の時間は乗り切ることが出来ます。



それに痛みを感じるのは、脱毛すべきヒゲがたくさんあるから。



回数を重ねるごとに、ヒゲの量がどんどん減ってきますので、痛みはどんどんマシになっていきますよ。





5.まとめ

医療脱毛に「痛み」はつきものです。


痛み4.jpg



痛みがあるから、効果が期待出来ます。



しかし痛みが心配で、なかなか行動に移せないかもしれません。



実際に照射を受けてみると、自分の中でハードルが上がり過ぎていて、思ったほどではなかったという意見も耳にします。



思い切ってチャレンジしてみてください。



ヒゲ脱毛後の生活はとても快適ですよ(^^♪



メンズリゼに行ってみることで、実際の脱毛の雰囲気や現場の声を直接見聞きすることが出来ます。



先ずは無料カウンセリングを受けてみられることをお勧めします。




▼ 今すぐクリック! ▼


↑無料カウンセリング予約はこちら↑